ヘンリー八世と六人の妻

ヘンリー八世と六人の妻

Add: tyvepopo76 - Date: 2020-12-15 16:16:16 - Views: 3725 - Clicks: 805

在庫状況: ― 更新日時 12月11日 23時59分. アラゴンのキャサリン(Catherine of Aragon) 最初の妻! 兄アーサー王の妃だったが、 王の死去により弟ヘンリーと再婚~離婚! See full list on kaigai-drama-eiga. 『ヘンリー八世の六人の妻』(ヘンリーはっせいのろくにんのつま、The Six Wives of Henry VIII)は、リック・ウェイクマン 作・編曲・制作の1作目のソロアルバムである。LP両面で6曲という構成になっている。概要このソロアルバムは. アンは元々キャサリンの侍女として姉と一緒に仕えていた女性です。姉妹はフランス宮廷の華やかな文化を吸収してイングランドに戻ってきた経緯があり、他の女性らとは違って見えたのでしょう。 最初はアンの姉メアリ・ブーリンがヘンリー8世の愛人になっていましたが、アンへ鞍替え。最初愛人になるのを渋っていたアンでしたが、「王妃になるなら考える」とヘンリーに持ちかけます。 そこでキャサリンとの離婚問題に発展したのです。 国民からの人気が高かったキャサリンとの離婚は、国内部からも反対が上がりましたが、ヘンリーは断行。教皇庁からも破門されてしまいますが、1533年5月にアン・ブーリンを正式な妃として迎え入れます。 ちなみに、このキャサリンとの離婚に反対したトマス・モアは処刑されています。 1533年9月に、アンはエリザベスを出産しました。離婚問題中に妊娠していたアンが生んだのは、またしても女子。ヘンリー8世は落胆します。 ヘンリー8世の落胆は続き、強気の性格だったアンは、先の妃キャサリンの娘メアリーを自分の娘の侍女として扱おうとしたのです。おまけに宝石や衣装などの贅沢を好み、ヘンリー8世の側近トマス・クロムウェルとも不仲に。さらには政治にも口出しするようになります。これが、ヘンリー8世から愛想を尽かされる要因となっていったのです。 アンは男子を身籠もるも流産。先の妃キャサリンが亡くなった時ヘンリー8世とダンスを楽しんだそうですが、この頃に流産したと言われています。 愛情が薄れたヘンリー8は、今度はアンの侍女ジェーン・シーモアに心移りしていきました。 そして結婚から2年後、アンは反逆罪の汚名を着せられて1536年5月19日、ロンドン塔にて斬首に処せられて最期を迎えました。この反逆罪は濡れ衣であった疑いが高いです。 ちなみに、当時のイングランドの斬首刑は斧で行われるのが通常ですが、アンの場合は本人の希望でわざわざフランスから処刑人を呼び寄せて、刀剣で斬首となったそうです。 フランスで過ごした経験があったから. キャサリン・オブ・アラゴン 演:パオラ・ボンテンピ アン・ブーリン 演:クレア・クーパー ジェーン・シーモア 演:エリー・コンドロン アン・オブ・クレーヴズ 演:レベッカ・ダイソン=スミス キャサリン・ハワード 演:ローレン・マックイーン キャサリン・パー 演:アリス・パッテン ヘンリー8世(青年/老年) 演:スコット・アーサー 演:リチャード・ライディングス.

ヘンリー8世はヘンリー7世とエリザベス王妃の次男として誕生しました。次男ということで、イングランド王になる予定だったのは当初、ヘンリーの兄アーサーでした。 そのため、レベルの高い勉強を受けて教養は高かったものの、あまり幼少期の彼については語られていません。 ところがこの兄アーサーは生まれつき病弱で、両親が王としての威厳と血統を手に入れるために苦心した結婚相手、キャサリン・オブ・アラゴン(強国といわれたスペイン王国の王女)と結婚するものの、半年足らずで病死していまいます。わずか15歳でした。. com で、ヘンリー八世の六人の妻 の役立つカスタマーレビューとレビュー評価をご覧ください。ユーザーの皆様からの正直で公平な製品レビューをお読みください。. ヘンリー8世は新たにイギリス国教会を設立して、教皇権からの分断を試みます。反対者にトマス・モアがいましたが、処刑されています。逆らう者には死をという姿勢は、彼の十八番になっていました。 さて。この分断はローマ・カトリックという国家的な枠組みからの脱却でした。本来、ヘンリー8世自身もカトリック教徒でしたが、この宗教改革を推し進めることで国家収入に匹敵する莫大な修道院の土地財産を得ることができたのです。 カトリック教会から離脱して、イングランド国教会の長となったヘンリー8世。彼はついにキャサリンと離婚し、彼女を追放。念願のアン・ブーリンと結婚します。. テューダー朝の開祖であり父であったヘンリー7世。 父が築いた富や財政・政治基盤を、兄亡き後受け継ぎ、1509年に即位したのが弟のヘンリー8世でした。 先代が築き上げたものを、二代目が潰すというのはよくある話ですが、ヘンリー8世も似たところがありました。 国王に即位した時、彼は17歳の若者でした。ルネサンス時代の若者らしく、詩や音楽を嗜み、自分で演奏したり文章も書き残しています。また、スポーツも得意で若い廷臣らと汗を流したといいます。 そんなヘンリー8世は、即位の二ヶ月後に結婚します。 相手はあの、兄の妻キャサリン・オブ・アラゴンでした。 しかし、聖書で禁じられていた近親婚に当たる結婚だったことは、ヘンリーに後悔の念を植え付けました。それでも世継ぎを残すため、二人は子供を望みます。 キャサリンは死産と早産を繰り返しています。王子も産まれましたが、夭折。無事に産まれたのは1516年誕生のメアリー王女だけでした。. 中世・ルネッサンス期において、「緑」には「不倫」の意味があり、16世紀のイングランド王ヘンリー8世による女性遍歴を揶揄(やゆ)した曲であるとの解釈もなされている(参考:王妃の闘い―ヘンリー八世と六人の妻たち)。 ちなみに、ヘンリー8世と. いきなり【ネタバレ】 「ヘンリー8世と6人の妻たち」は、ドラマではありません。 新感覚/新しいスタイルの番組でも、ありません。 英国では、当たり前のスタイル(どちらかと言えば、古いスタイルの)歴としたドキュメンタリー番組です。 大学等で、イギリスの歴史を専攻している方には、とても良い番組です。 または、イギリス英語をがっちり聞きたい/学びたい方にもオススメです。. キャサリン・バー(1512頃ー1548)は、メアリーやエリザベスが高度の教育を受けることができるようとりはからい、また、メアリーとエリザベスの王位継承権を復活させるために尽力した。著書は、『祈りと黙想』(1545)、自伝『罪人の嘆き』(1547)。エリザベスは、継母キャサリンを慕った。 1547年1月28日、ヘンリー8世が死去。同年4月か5月に、キャサリンはかつての恋人であるトマス・シーモア(1508頃ー1549)と結婚した。トマス・シーモアは、元王妃ジェーン・シーモアの弟。トマスは、新国王エドワード6世(ジェーン・シーモアの息子)の摂政となった兄エドワード・シーモア(1506頃ー1552)に嫉妬して、エリザベスとの結婚を目論んだ。トマス(当時39歳)は妻キャサリンにひきとられているエリザベス(当時14歳)に近づき、エリザベスとトマスの間に関係があるとのうわさがたつようになる。これを心配したキャサリンは、1548年、エリザベスを別の場所に移す。その後、女児を産んだキャサリンは産褥死。エリザベスは大きな打撃を受ける。 1549年、トマスは大逆罪(国王と枢密院の許可なくエリザベスとの結婚を画策した罪も含まれる)でロンドン塔に監禁され、実兄エドワードの命令によって処刑された。しかし、民意を失ったエドワードもまた失脚し、かわって実権を握ったジョン・ダドリー(1502-1553)によって処刑された(1552年)。 トマスの反乱のさい、エリザベスの養育係アシュレイ夫妻と管財官トマス・バリーもまた逮捕されたが、エリザベスの嘆願により処刑を免れた。彼らは、のちにエリザベスの側近となる。 ⇒*【女性】メアリ1世とエリザベス1世ー王位継承権をめぐって.

『ヘンリー八世の六人の妻』(ヘンリーはっせいのろくにんのつま、The Six Wives of Henry VIII)は、リック・ウェイクマン 作・編曲・制作の1作目のソロアルバムである。LP両面で6曲という構成になっている。. では、ヘンリー8世の6人のかわいそうな妻たちを1人づつみていきたいと思います。 ヘンリー八世と六人の妻 まずは父親の持参金の出し惜しみの為に結婚させられた王妃、キャサリン・オブ・アラゴンです!. →結婚の「無効」を主張 →教皇クレメンス7世は結婚を「有効」とし、ヘンリーを破門. 1973年にA&Mから発売された初のソロ・アルバム『Six Wives Of Henry VIII(邦題:ヘンリー八世の六人の妻)』について、リック・ウェイクマンは、自身のウェブサイトで「発売時の酷いレヴューにものすごく傷ついた」と語っている。その自信過剰の野心と挑戦的で難解な作品について、評論家の中に. 時期的にはyesの「海洋地形学の物語」がリリースされ初めての脱退を宣言した時期ですが、その内容は、「ヘンリー8世の6人の妻」の名前をタイトルにした6曲で構成されたコンセプト作品であり、ピアノやオルガンをはじめ、メロトロンやrmiキーボード. 王家筋に多くの男子→息子が生まれなければ王位は移転 2. (ある意味、カリスマ性があった)ヘンリー8世は、当時カトリック教の国であった英国で、(バチカンへの不満と、自分が離婚をしたいが為に)英国聖公会を成立した事で、歴史的に有名な王様です。 彼は、1509年から1547年にかけて、自分の権力を最大限に使い、戦争、国政を次々と実施していき、自分の妻2人を含む多くの人々を、処刑台に送りました。 彼は、(王位を狙っているライバルの貴族から、チューダー家を守る為)男の子を授かりたい動機から、(男子を産まない)妻を次々と変えて行きます。その結果、11人の子供を授かり、この子孫たちが(政略結婚で)ヨーロッパ中に散らばった結果、大英帝国を築けるような偉大な国へと成長する基盤を作る事に繋がっていく訳です。 同時に、英国をカトリック教と英国聖公会に二分して、混乱の時代へと導いてしまします。 ヘンリー8世のドラマチックな歴史(昼ドラ並みの恋愛ドラマと人間関係、血みどろの権力闘争、宗教改革)は、度々、愛憎劇として映像化されています。最近では、ヘンリー8世を描いた海外ドラマ「THE TUDORS〜背徳の王冠〜」がヒットしています。 国教を創設した人物でもある為、英国では、この部分の歴史を(何も隠さずに)小学校でみっちり学習します!.

最後、6番目の妃になったのがキャサリン・パーです。彼女の父は貴族ではなかったものの、エドワード3世の血統にあたる人物で、州長官も勤める重鎮でした。 実はこのキャサリンは未亡人で、17歳の時に結婚。数年で死別。翌年に倍以上年の離れた貴族と再婚するも、1543年にその夫も死亡してしまいます。 彼女の母がキャサリン・オブ・アラゴン(ヘンリー8世の最初の妃)に仕えていたことから、メアリーと関わるようになります。そこでヘンリー8世に見初められます。彼女の教養の高さに惹かれたようです。 実はこの頃にはジェーン・シーモア(ヘンリー8世の3番目の妃)の次兄トマス・シーモアと交際を始めていました。50代になっていたヘンリー8世は、この邪魔者を追い出して彼女に求婚します。 前の王妃たちの辿った道を考えた時、彼女は悩みましたが結局求婚を受け入れ1543年7月にヘンリー8世と結婚します。 メアリー1世の記事でも書きましたが、彼女は教養高く優しい女性で、散り散りになっていた国王一家の関係の修復に心を砕きます。メアリーにとっては、彼女の母は自分の母に仕えた人。高い教養を兼ね備えた信頼出来る女性でした。エリザベスにしても、初めての「母らしい母」と呼べる女性で、大変懐いたと言います。エドワードも当然、彼女を慕いました。 キャサリン・パーはプロテスタント信者で、のちのエドワードの政治がプロテスタントみを帯びていたのも、彼女の影響があったのかもしれません。 肝心の世継ぎは生まれなかったものの、ヘンリー8世自身も彼女を良きパートナーと認めていました。自分が不在の時には、王に代わり摂政を任せた程です。 1547年1月28日にヘンリー8世が55歳で崩御すると、以前の交際相手だったトマス・シーモアと再婚します。ヘンリー8世の遺言から、この先豊かに暮らせるだけの財を与えられたにも関わらず、宮廷を出たキャサリン・パーはエリザベスを引き取り、一緒に暮らします。 富を得た彼女に、経済的な理由で結婚する必要はありません。やはり、そこにはトマスへの愛があったのでしょう。 しかし、夫トマスはエリザベスとスキャンダラスを起こしてしまいます。この時、キャサリン・パーは初めて妊娠していたのだから、醜悪な話です。エリザベスは彼女の元を離れざるを得なくなりました。 母として慕っていたキャサリン・パーとの別れは永遠のものでした。. 宗教改革と6人の王妃 イギリス・テューダー朝(1485~1603)の創始者ヘンリー7世(位1485~1509)は、これまでの中世封建社会にかわり、王室の中央集権化、いわゆる絶対王政を主張して王権の強い国づくりをめざした。. 次の妃に選ばれたのは、クレーヴズのアンの侍女キャサリン・ハワードでした。 彼女はノーフォーク公ハワード家の血筋の女性で、アン・ブーリンとは従姉妹です。ただし、名門ハワード家といっても周辺(末端)の家だったため、令嬢の生い立ちや教養はあまりなかったようです。結婚当時1540年はまだ20歳。それが50歳に近い王と結婚しなければならなくなったのです。 教養不足やメアリーとの不仲等もあり、また王の関心が薄れてゆきます。 結婚する前に付き合っていた男性との密会が露見して、姦通罪により1542年2月2日に処刑されてしまいました。アン・ブーリンの反逆罪や姦通罪は濡れ衣でしたが、キャサリン・ハワードは黒だった見方が有力です。. See full list on histoire-p. ヘンリー8世の妻として生き抜こうとした6人の妻たちの真実の物語。 時は16世紀(1510年)、恋愛結婚したヘンリー8世と1人目の妻キャサリンは“前進あるのみ”の夫婦で、結婚における彼らの使命は王朝を永続させることだった。. 『ヘンリー八世の六人の妻』、『地底探検』と並んで“文芸三部作”の最後を飾るアルバムでもある。 タイトル通り、アーサー王伝説をテーマとしたトータル・アルバムであり、前作『地底探検』に引き続いてオーケストラや英国王室合唱団を導入。.

『ヘンリー八世の私生活』(映画) 『1000日のアン』(映画) 『わが命つきるとも』(映画) 『ヘンリー八世の六人の妻』(リック・ウェイクマンが1973年に発売したソロアルバム) 『 キング・オブ・ファイヤー (英語版) 』(年放送のテレビシリーズ). そこで今回からはヘンリー八世を中心に6人のお妃さまのことを、アルバム収録曲を聴きながら書いていくよ。 皆さん、レコード、CD、ストリーミングの準備はよろしいか? まずはアルバム『ヘンリー八世と六人の妻(The Six wives of Henry VIII)』の1曲目。 1. ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ 2. 本作品の最大の見どころは、ウォースリー氏自ら、ローマのバチカン国に出向き、世界で初めて、500年前のヘンリー8世がアン・ブーリンに宛てた自執のラブレターを本作品で公開した事です。(第1話) 案内役のウォースリー氏は、歴史の衣装をまとい、再現ドラマと現実を行き来して、このドラマチック宮廷劇を、噂好きのおばさんのような演技と共に、分かりやすく説明してくれます。 どちらかと言えば、再現ドラマは、ハイクオリティとは言えません。演技の質も制作費用も低いです。 (良い意味で)学校の歴史の時間に適していると思います。. イングランド史上最大クラスのスーパースター、ヘンリー8世が娶った6人の妻、第一弾です。周囲の大人たちや夫に振り回される人生でしたが. See full list on ch-gender. ヘンリー8世が愛したとも言われるジェーン・シーモア。彼女はキャサリンとアンの侍女をしていた女性です。美女というわけではなかったのですが、控えめで物静かな様子がアン・ブーリンとは違っていました。また王と同じカトリック信徒だったこと、周りが彼女と王の仲を取り持ったことから関係は進んだようです。(ヘンリー8世と彼女は幼馴染だったらしいです。) アン・ブーリンの処刑後、ジェーン・シーモアはヘンリー8世の三番目の王妃として結婚。1537年10月12日に待望の男子エドワードを出産します。 しかし難産だったことで体力が回復せず、ジェーンはそのまま10月24日に亡くなります。. ジェーン・シーモアは、念願の男子エドワードを産むものの出産時に死亡してしまいます。彼女の死に、ヘンリーは深く悲しみます。しかし、産まれた王子は病弱だったため、おそらく次の王子を望んだのでしょう。自分自身が次男であり、次男がいたからこそ長男亡き後の断絶を防げた過去があったのですから。 ジェーン亡き後、アン・オブ・クレーヴズと結婚していますが、これはすぐに解消されています。その次のキャサリン・ハワードも結婚後不貞の罪で処刑されました。 最後、6番目の王妃となったのはキャサリン・パーという富豪の未亡人でした。 彼女はバラバラになった家族の絆を大切にしたと言われています。身分を落とされていたメアリーを王女の身分に戻し、ジェーン・シーモアが生んだ男子エドワードの教育係にもなっていました。 父がカトリックだったのに対し、息子エドワードがプロテスタントだったのは、このキャサリン・パーの影響でしょう。 ちなみに、先日記載したジェーン・グレイが王位継承争いで対立したのが、ヘンリー8世最初の妃が生んだメアリーです。 余談ですが、このテューダー朝はメアリーの異母妹のエリザベス1世の死去で断絶しますが、人間味があり、いかにも「人の歴史」という感じがして好きです。 物足りない記事になった気がして仕方ないですが、また別記事をアップできた際は、こちらに追記したいと思います。 年2月14日追記:ヘンリー8世の6人の妃についてまとめた記事はこちら.

. 【第1話】 ヘンリー8世が18歳の時、スペインから嫁入りしたキャサリン・オブ・アラゴンは、6人の子供を出産しますが(次女は、その後のメアリー1世)、2人の男の子は、死亡してしまいます。王子が欲しいヘンリー8世は、侍女だったアン・ブーリンを側室とし、彼女は妊娠します。教養も権力もあり、プライドが高く、カトリック教徒だったキャサリンは、ヘンリー8世と激しく対立しますが、彼は、英国聖公会を成立して、キャサリンと離婚をします。 【第2話】 アン・ブーリンは、女の子(後の、エリザベス1世)を授かりますが、その後、2度の流産を経験すると、ヘンリー8世は、彼女の侍女であったジェーン・シーモアに興味を示します。アンを反逆罪で処刑した11日後に、ヘンリー8世は、ジェーンと結婚します。彼女は、男の子を出産後に死亡します。(後のエドワード6世) 【第3話】 2年の独身の時期を経て、(ブクブクに太ったヘンリー8世は)ドイツからのアン・オブ・クレーヴズと半ば強制的に結婚します。性的不能?であったヘンリー8世との間には、懐妊のニュースが流れない為、ありとあらゆる噂が宮廷内を行き交います。その後、(多額の資産をアンに送り)離婚が成立。その後、15〜19歳であったキャサリン・ハワードと結婚するも、彼女は、不貞を重ね反逆罪て処刑されます。その後、富裕な未亡人キャサリン・パーと最後の結婚をします。キャサリンは、英国で初めて本を出した女性です。彼女は、宗教的な使命感から当時、ラテン語だった聖書を英語に翻訳して布教活動を行いました。庶民から支持を得た彼女を陥れようとしている勢力から命を狙われますが、老いたヘンリー8世は、彼女を救います。 ヘンリー8世の死後、後のエリザベス1世の世話をしながら、キャサリンは、元々の恋人と再婚して出産しますが、産後すぐに死亡します。 その後、チューダー朝は、エドワード6世に引き継がれ、 メアリー1世、エリザベス1世に引き継がれ、大国に成長します。 6人の妻たちから、大きな繁栄を成し遂げたのです!. 奥さんに関しては、 1人目 のキャサリン・オブ・アラゴンは元・兄の奥さん。 お兄さんが早くに亡くなり、ヘンリー8世が彼女をむかえることになりました。 しかし、ヘンリー8世は気に入らず離婚。 2人目 の妻がアン・ブーリン。. 」 結婚順でご紹介♪ 1.

(洋楽名盤シリーズ-327) リック・ウェイクマン「ヘンリー八世の六人の妻」はあなたにとって名盤ですか? 音楽雑誌等で「名盤」と一般的に言われるアルバムを皆様が実際どう評価されているか是非お聞きしたくス. ヘンリー八世は16世紀のイギリスの国王で、エリザベス一世の父にあたる人です。 私がヘンリー八世です。 カリスマ性のあるな国王ではあったが、夫としては 最悪の部類で、浮気はやりたい放題、妻の侍女達に片っ端から手をつけるわ。六人の妻のうち2名. ウォースリー氏は、大英帝国勲章を授かった女性歴史家として有名です。オックスフォード大学で古代史、現代史を専攻し(優秀な成績で)卒業後、有名な邸宅で(歴史の)専門職員としてキャリアをスタートさせます。 現在では、テレビの出演から執筆活動まで、幅広く活動しています。 彼女は、舌が長い為、ロータシズム(Rの発音に問題が生じる現象)の傾向があるとして知られています。彼女の独特の低い声と、英国の上流階級の英語の発音が、歴史番組には、ピッタリマッチしていると思います。. 〇 リック・ウェイクマン / ヘンリー八世の六人の妻 曲名は写真で確認下さい。 <配送について>ゆうメールとなります。 <お支払いについて>YAHOOかんたん決済<その他>他にもいろいろと出品しておりますので、複数枚の同梱発送を希望される方 この店舗では取り扱いがありません。 ※在庫状況は現時点のものではあり. ひかりTVのスーパー!ドラマTVチャンネルで /1/12(日) 25:00 (深夜1:00)字幕/60分 第1話「イングランドの王妃」 /1/19(日) 25:00 (深夜1:00)字幕/60分 第2話「王妃の落日」 /1/26(日) 25:00 (深夜1:00)字幕/60分 第3話「王妃の真実」 お楽しみに!.

1487年 スペイン王家の末子として生まれる。父はアラゴン王フェルナンド2世、母はカスティリア女王イザベル1世。 1489年 イングランド王ヘンリー7世の長男アーサー(王太子:年)と婚約。 1501年 14歳でアーサーと結婚。持参金は巨額にのぼった。生来病弱のアーサーがまもなく死去。アーサーの弟ヘンリーと婚約(キャサリンがスペインに戻ると、持参金を返却しなければならなかった)。 1509年 ヘンリー8世の即位とともに再婚、イングランド王妃となる。この結婚は、教会法が禁じる近親婚にあたるため(本来は婚姻無効)、教皇ユリウス2世が特免を与えて許可した。 ①旧約聖書「レビ記」(「人もし兄弟の妻を娶れば汚らわしきことなり」)に触れる恐れがあった。キャサリンはアーサーとは性的関係がなかったことを宣誓した。 ②カスティーリャ・アラゴン両王家はランカスター家(ヘンリー8世の父方の祖先)、ヨーク家(母方)とそれぞれ姻戚関係にあったため、アーサー、ヘンリー兄弟にとってキャサリンは父方でも母方でも遠縁に当たった。 1516年 メアリ(1世)を出産。流産・死産を繰り返し、無事成長したのはメアリのみ。 1533年 ヘンリー8世から婚姻無効を言い渡される。娘メアリは婚外子とされる。その後も死ぬまで離婚を認めず、監禁生活に近い状態ながらイングランドにとどまった。1536年死去。. ヘンリー八世の六人の妻 cd. ヘンリー八世と六人の妻 この店舗では取り扱いがありません。 販売 ― 更新日時 11月28日 23時59分 ヘンリー八世と六人の妻 この店舗では取り扱いがありません。.

. そもそも、『ヘンリー八世と六人の妻』という題材がいい。 リック・ウェイクマンは他にも「アーサー王と円卓の騎士」をテーマにしたアルバムもあるけど、こうしたテーマは日本でいえば「赤穂浪士」みたいなもんでね。. ヘンリー8世の唯一の男子であるエドワード6世は、1553年に死去した。ヘンリー8世の遺言書には、王位継承順位として以下のように指名していた。①エドワード、②メアリ、③エリザベス、④ジェーン・グレイ。①エドワードの死後、④のジェーン・グレイが王位につくが、9日間で廃位された。このため、ジェーンを「9日間の女王」と呼ぶ。 ジェーン・グレイ(1537ー1554)は、ヘンリ8世の妹の孫である。ウォリック伯(のちのノーサンバランド公 ジョン・ダドリー)は、政敵サマセット公 エドワード・シーモア(エドワード6世の母ジェーン・シーモアの兄)に反逆の汚名を着せ処刑した後、息子ギルフォード・ダドリーとジェーンを結婚させた。彼は、熱烈なプロテスタントのエドワード6世を説き伏せ、自分の死後ジェーンを即位させることを指示する勅令を得た。 1553年、エドワード6世が死去すると、ノーサンバランド公はジェーンの即位を宣言した。しかし、陰謀を察知したメアリはすでに逃亡しており、身柄を拘束できなかった。公の一派は惨敗し、メアリが凱旋した。1553年7月19日、メアリ(37歳)が即位。ジェーンとギルフォード夫妻、ダドリー一族は逮捕され、ギルフォードやノーサンバランド公は処刑された。メアリはカトリック信者で、プロテスタントを多く処刑したことから「血まみれメアリ」とよばれる。 ジェーンはこうした陰謀に関わっておらず、メアリも処刑を躊躇した。しかし、ジェーンがカトリックへの改宗を拒否し、スペインが処刑を求めたことから、7ヶ月後に処刑した。そのときジェーンは16才4ヶ月であった。(参考:中野:44-47). ヘンリー八世の六人の妻 トリビア ジャケットの一番左の女性の背後には、このアルバムの発売当時のアメリカ合衆国大統領リチャード・ニクソンの横顔が写っている。.

/4ef8ad8a5 /3854033539 /675685251 /503906-164

ヘンリー八世と六人の妻

email: [email protected] - phone:(461) 233-9281 x 3397

LOOP - KINOKUNIYA LIVE

-> A Cinderella Story: Christmas Wish (Original Motion Picture Soundtrack)
-> 寒ぼたん

ヘンリー八世と六人の妻 - Rehab


Sitemap 4

おいでよ名古屋 - Hearts Catherine Britt Cold